忍者ブログ
サンフラワーの施設長の備忘録とつぶやきです。偶に毒を吐きますが毒性は弱めです。
閲覧者
ブログ内検索
プロフィール
【HN/名前】
Mr.M/大村真(オオムラマコト)
【年齢】
46
【HP】
【性別】
男性
【誕生日】
1971/06/05
【職業】
施設長
【趣味】
Apple製品を弄ること(笑)
ジオターゲティング

ジオターゲティング
カウンタ
アクセス解析
161  160  159  158  157  156  155  154  153  152  151 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


新年早々のニュースソースですので、もう皆さんご存じかと思いますが、少々ネタ切れな感もありますので、掲載します。

地域包括支援センター:保健師退職、相次ぐ 開設9ヵ月で15人-仙台市/宮城(毎日新聞)

佐世保市はこのような状況にはないように思うのですが、実際はどうなのかは分かりません。
バーンナウト気味で鬱々としている方々も多いのかもしれません。

でも、振り返ってみると介護保険法が施行された平成12年は、これ以上の自体だったと思います。

法令・通知類の理解にも乏しい状況から、重要事項説明書や契約書の作成・準備、そして説明・同意・交付。
居宅介護支援事業所に至っては、アセスメント票を使って情報収集しアセスメント、利用者・家族への説明や担当者会議、プラン作成とあわせて計算機片手に利用票作りもしました。てんやわんやでしたよ。

その時を考えると、今の状況なんてとは思ってしまうのですが、新しいものを始める時って、非常にエネルギーを使うわけで、野次馬的発言は避け、互いに協力しあうという意識で関わり合う必要があると思います。そこに連帯意識が芽生え、地域作りに必要なネットワークが出来るからです。

佐世保市には、行政直営の地域包括支援センターが3ヶ所、従来の地域型在宅介護支援センターが高齢者支援センターと名を変え地域包括のブランチとして21ヶ所あるわけです。委託金年間150万円という厳しい状況ではあるのですが、産みの苦しみを体感することで、そこで働くスタッフの資質は向上するのだろうと思います。

でも実際は・・・・名前だけの活動なしというところもあるやに聞いています。

これでは、地域作りはもとより、行政との協働体制も出来ず、深い深い溝自体が残ることになります。


PR

◆◇この記事にコメントする◇◆
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◆◇この記事へのトラックバック◇◆
◆◇この記事にトラックバックする◇◆