忍者ブログ
サンフラワーの施設長の備忘録とつぶやきです。偶に毒を吐きますが毒性は弱めです。
閲覧者
ブログ内検索
プロフィール
【HN/名前】
Mr.M/大村真(オオムラマコト)
【年齢】
45
【HP】
【性別】
男性
【誕生日】
1971/06/05
【職業】
施設長
【趣味】
Apple製品を弄ること(笑)
ジオターゲティング

ジオターゲティング
カウンタ
アクセス解析
22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


地域包括支援センター・地域支援事業・介護予防事業への取組みを考える

−日本看護協会、2005年介護予防緊急フォーラム−(ふくしチャンネル)

http://www.fukushi.com/news/2005/10/051031-b.html

職能団体である看護協会がまずは動き出したと言うことですが、社会福祉士会はどうなんでしょう。
あと、主任ケアマネの養成研修が今年12月から来年2月の間に数回行われると言うことのようですが、介護支援専門員協議会の動きはどうなのでしょう。「日本介護支援専門員協会」設立に向けての動きはあるようですが、現在の組織で対応はできないのかとも思うのですが、執行部は早急な組織編成を望んでいるようです。

兎にも角にも、職能団体からの要望を市町村へぶつける為には、もう時間がありません。急がなきゃー!

「2006年度から介護予防事業が地域包括支援センターを中心に展開されることを受け、市町村は、来年度予算要求の真っ只中。すでに地域包括支援センター準備のために保健師に辞令が発令された市町村もある。」

長崎県内の状況は、聞くところによると「長崎市」がいち早く動き出したようです。
PHN・社士いわゆる規程通りの有資格者と経験を有するNS・主事で差をつけるため「点数制」による委託先の選別?が行われているとか。
市内12カ所の地域包括を設置する予定で、内情としては得点の高い法人12に委託したいのでしょうが、そうも行かない事情もあるようです。
だって、委託費1500万円で3名専任配置。以前国がだしていた案の1名500万円がそのまま。有資格者で経験年数もありそれなりの実務をこなせる人材を配置するのに、人件費でも足りないような状況なのに、果たして事務費はどこから湧くの?.......

佐世保市はどうなのか?
(近々?の情報)
http://www.city.sasebo.nagasaki.jp/cgi-bin/odb-get.exe
/chojyu.pdf?WIT_oid=icityv2::Content::15219&WIT_ctype=
application/pdf&WIT_jasminecharset=SHIFTJIS

そろそろ担当課長にでも話をお伺いに行ってみようかな。
来年度の事業計画(人事異動も視野に入れた)も練らなければなりませんし。でも今年度の事業計画自体、在介センターはないのです(市に提出はしてませんがあることはあるんですが)。だって基幹型が事業計画立ててないんですもの!(以前の記事に書きましたよね?)
PR

◆◇この記事にコメントする◇◆
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◆◇この記事へのトラックバック◇◆
◆◇この記事にトラックバックする◇◆