忍者ブログ
サンフラワーの施設長の備忘録とつぶやきです。偶に毒を吐きますが毒性は弱めです。
閲覧者
ブログ内検索
プロフィール
【HN/名前】
Mr.M/大村真(オオムラマコト)
【年齢】
45
【HP】
【性別】
男性
【誕生日】
1971/06/05
【職業】
施設長
【趣味】
Apple製品を弄ること(笑)
ジオターゲティング

ジオターゲティング
カウンタ
アクセス解析
267  266  265  264  263  261  260  259  257  256  255 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昨日の11月25日に社会保障審議会介護保険部会がとりまとめた「介護保険制度見直しに関する意見(案)」がとりまとめられた。 官僚が出した(素案)との違いが分かるように資料作成はされているので見やすいので、必ず目を通すように(当方の職員に対して)

第37回社会保障審議会介護保険部会資料(厚生労働省)

内容はというと・・・・、(在宅も施設も、そして軽度者の切り捨ても含めて)利用者負担の自己負担引き上げなどは、障害者自立支援法において「応益負担」で施行され、様々な減免措置がなされたにもかかわらず、という自社団体を含め業界団体等からの強い反発により、とりあえず「応能負担」とした改正法が施行されるような運びになった事を考えると、すそ野の広い介護保険に於いて、どれだけの反発や混乱が生じるかは、比較的容易に想像出来るのではないか。

一概に全否定するつもりはない。

こういう素案・案を出させてしまった反省があるからだ。

早い時期に動き出している(いや前回改正前から下準備も含めてやってるんじゃないかな)制度設計者などに言わせてみれば、土壇場に来てあーだこーだ言われてもという気分かもしれない。今までも何度か法改正は行われてきたわけだから、反省を元に行動改める必要があったことは当然あったと思う。これは我々業界の人間の意識に起因する問題なので、早急に改善する必要がある。

とは言うものの、この期に及んで何も行動を起こさないのはマズイので、通常国会に提出され議論されるところに、大いに絡んでいかなければと思う。少勢で出来ないことも多勢でならば。


PR

◆◇この記事にコメントする◇◆
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◆◇この記事へのトラックバック◇◆
◆◇この記事にトラックバックする◇◆