忍者ブログ
サンフラワーの施設長の備忘録とつぶやきです。偶に毒を吐きますが毒性は弱めです。
閲覧者
ブログ内検索
プロフィール
【HN/名前】
Mr.M/大村真(オオムラマコト)
【年齢】
46
【HP】
【性別】
男性
【誕生日】
1971/06/05
【職業】
施設長
【趣味】
Apple製品を弄ること(笑)
ジオターゲティング

ジオターゲティング
カウンタ
アクセス解析
222  221  220  219  218  217  216  215  214  213  212 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日は敬老の日ですね。

当施設の敬老式は、時期をずらして10/4に開催することになっています。
沢山の家族に参加頂きたいと思い、連休やら地区の行事らを避けていたら、10/4となってしまいました。

利用者の皆さんには気をもませる形になってしまい申し訳ありません。

以前は、自治体で、もしくは地区で開催されていました催しが、今じゃ施設でしか開催されない行事になったようです。極限られた地区でそれも少数での開催はあっているようですが、非常に残念なことです。

この辺のことを書くつもりでいたんですが、とても気になるblogの記事を目にしてしまい、老いも若きも「気づき」「体験に基づいた気づき」を大切にしたいなと思い、方向転換をしてしまいました。


私は、大の阪神タイガースfanです。そしてアンチ巨人なんですが、桑田真澄という投手はとても嫌いになれない選手でした。

彼の初勝利は、1986年6月5日。私の15回目の誕生日です。そして対戦相手がナント阪神でした。私にとって、とても運命を感じる投手なんです!!!

そんなことはどうでも良いんですが、最近彼のblogを見つけ、いろんな記事を読んでいました。
そこで見つけたのが
2009年3月10日の記事で「気が付く」です。

野球を愛し、野球に愛された、とても努力家でもあり優秀な彼だからこそ、素直な気持ちで書かれている名文だと思います。

野球のことを語っているのですが、いろんな分野でも言えること、いろんな年代で言えることだと思うので紹介させて貰いました。

何かに迷った時、私はこの文章を読み返し、気持ちの切り替えをしていくのではないかと思います。



今更ながら思うことは、巨人桑田となったあの時、阪神清原という道もあったんではないかと........いうことです(汗
PR

◆◇この記事にコメントする◇◆
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◆◇この記事へのトラックバック◇◆
◆◇この記事にトラックバックする◇◆