忍者ブログ
サンフラワーの施設長の備忘録とつぶやきです。偶に毒を吐きますが毒性は弱めです。
閲覧者
ブログ内検索
プロフィール
【HN/名前】
Mr.M/大村真(オオムラマコト)
【年齢】
46
【HP】
【性別】
男性
【誕生日】
1971/06/05
【職業】
施設長
【趣味】
Apple製品を弄ること(笑)
ジオターゲティング

ジオターゲティング
カウンタ
アクセス解析
83  84  85  86  87  88  89  90  91  92 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


(5月15日分)

昨日の夕方、今TV見てるかと母から電話。こんな時間にTVなど見てるわけないやんと思いつつ何のことかと尋ねたらhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050514-00000023-nnp-kyuのことだった。

一瞬、頭の中が真っ白になったようだった。

介護保険に限らず、高齢者・障害者施策等に関して、唯一と言っていいほど的確なアドバイスをくれる人だった。当たり一辺倒な返答ではなく、相手の立場に立った真摯な対応で、かつ的確な返答は、県下行政職員の中にはあまりいないと言って良いほどの人材だと思っていた(買い被りだと言われるかもしれないが私はそう思っていた)。佐世保市との合併でも、介護保険を担当する課に配属となっていたので、安心もしていた。

そう言う矢先の出来事に、私自身「人間不信」に似た感情というか感覚を覚えた。

特に、介護保険絡みも含めた高齢者全般に関わる在宅介護支援センターは、行政との二人三脚が不可欠である。特に重要なのは、現場感覚(こういう言い方は不適切のように感じるが当てはまる言葉が思い浮かばない)を持った行政職員がいることで、在介機能が数段アップする。今の佐世保市にもそう言う職員はいるのだろうが、未だ合併間もない状況から、パイプ役であったりコーディネート役だったりするキーマンが必要だった。これは私を中心に考えたあくまでも私見ではあるが、実際行政職員との関係で苦労している在介職員は多いだろう。

いろいろと考えてします昨日今日となってしまったが、いくら嘆いてもリセットされることはなく、現実としてとらえなければならない。そして「横領」という悪事を働いた事実を受け止め、さらに「何が原因」であったのか、彼の周りで「何が起こったのか」を在介職員として冷静に見ていきたいと思っている。
PR

◆◇この記事にコメントする◇◆
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◆◇この記事へのトラックバック◇◆
◆◇この記事にトラックバックする◇◆