忍者ブログ
サンフラワーの施設長の備忘録とつぶやきです。偶に毒を吐きますが毒性は弱めです。
閲覧者
ブログ内検索
プロフィール
【HN/名前】
Mr.M/大村真(オオムラマコト)
【年齢】
45
【HP】
【性別】
男性
【誕生日】
1971/06/05
【職業】
施設長
【趣味】
Apple製品を弄ること(笑)
ジオターゲティング

ジオターゲティング
カウンタ
アクセス解析
182  181  180  179  178  177  176  175  174  173  172 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


いやはや今日は疲れました。

今日の午前中は餅つき、そして昼からは門松作りと大変にぎやかな一日でした。

これらは恒例の行事なのですが、やはり利用者の方々は、とても生き生きとした表情をされていました。
「えいやー」「やー」と大きな声でかけ声をかけたり、日頃杖を使っておぼつかない足取りの方も、杵を持って、振りかぶって、つく、非常に安定した身体使いに、毎年驚かせられっぱなしです。

当地は、農業が中心の町ですので、鍬をもつとキリッと凛々しくなられる方が多いわけで、鍬も杵も同じことなのでしょう。

また、通常食事が刻み食だったり、はたまた超刻み食の方でさえも、美味しそうにつきたての餅を、美味しそうに食べられていました。
当然、介助する職員もいつも以上に注意を払うわけですが、何とも雰囲気などによる状態の変容は、驚きが絶えません。

まあ、私たちも当然ですが、気持ちが高ぶる雰囲気などであれば、いつも以上の力を発揮することがあるわけで、まさに「動機」付けが鍵であるわけです。
日頃から、この動機付けを、自然と作り出せるプロフェッショナルを目指さなければと強く感じました。

午後からの門松作りは、利用者は出来上がる過程を時々覗きに来られる程度で、スタッフが中心となって作り上げて行きのですが、やはりこれも年の功、年輩のスタッフはなれた手つきで作業をすすめていきます。
それを若いスタッフが見て覚えていくわけですが、この作業の雰囲気が非常に良い。
うまく言葉では表せませんが、この雰囲気が介護の現場に少しでも反映すればなあと思いました。(介護の現場の雰囲気が悪いというわけではないのですがね)

これで、年内の行事が終わったのですが、できれば3年前まで続けていた「除夜の鐘つき」も実施できればと、微かな期待を寄せています・・・。

今年も残すところ後僅か。

怠け気味のblogも多分今年は最後かと思います。

こちらを覗いてくれている皆様に・・・・・・・良いお年を!

PR

◆◇この記事にコメントする◇◆
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
2007/12/31(Mon)11:48:19
ことしもいろいろお世話になりました。
何かと大変な時代が続きますが、例の生活援助の話を含めて、新年用に(?)記事をアップする予定です。
では、良いお年をお迎えください。
どるくす URL [編集]
無題
2008/01/04(Fri)08:06:09
どるくすさん、明けましておめでとうございます。
コメントありがとうございました。
昨年も大変お世話になりました。
今年と言うより来年度と言うことになりますが、21年度改正に向けての対応で、まあマズ間違いなく厳しい状況になるでしょうが、一定スパンの踏ん張り所ですので、頑張らなくてはおけません。お力添え等今年も宜しくお願い致します。
Mr.M [編集]
◆◇この記事へのトラックバック◇◆
◆◇この記事にトラックバックする◇◆