忍者ブログ
サンフラワーの施設長の備忘録とつぶやきです。偶に毒を吐きますが毒性は弱めです。
閲覧者
ブログ内検索
プロフィール
【HN/名前】
Mr.M/大村真(オオムラマコト)
【年齢】
45
【HP】
【性別】
男性
【誕生日】
1971/06/05
【職業】
施設長
【趣味】
Apple製品を弄ること(笑)
ジオターゲティング

ジオターゲティング
カウンタ
アクセス解析
140  139  138  137  136  135  134  133  132  131  130 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日は、まず市から提示された資料にある「高齢者支援センターの概要」を記載たいと思います。

<高齢者支援センターの概要>

Ⅰ.目的
「地域包括支援センター」のブランチ(住民の利便性を考慮し、地域住民から相談を受け付け、集約した上で地域包括支援センター等につなぐ「窓口」)として、日常圏域毎に担当センターを定め、市内23ヶ所に設置するもの。

Ⅱ.対象者
おおむね65歳以上の要援護高齢者及び要援護となるおそれのある高齢者ならびにその家族等

Ⅲ.業務内容
1)高齢者やその家族等からの介護、健康等に関する全般的な相談業務(24時間を通して緊急の相談にも対応できるような体制を整える)。
2)定期的訪問が必要な高齢者を訪問し、状況把握を行い、地域包括支援センターに報告する。
3)公的な保健、福祉サービスの利用及び申請に係る調整
4)その他

Ⅳ.運営委託料(省略)
--------------------------------

えっ?!対象者は「おおむね65歳以上の要援護高齢者及び要援護となるおそれのある高齢者ならびにその家族等」?

--------------------------------
以下は在宅介護支援センター設置の根拠法である老人福祉法と運営事業等実施要綱です。

※老人福祉法
(老人介護支援センター)
第20条の7の2 老人介護支援センターは、地域の老人の福祉に関する各般の問題につき、老人、その者を現に養護する者、地域住民その他の者からの相談に応じ、必要な助言を行うとともに、主として居宅において介護を受ける老人又はその者を現に養護する者と市町村、老人居宅生活支援事業を行う者、老人福祉施設、医療施設、老人クラブその他老人の福祉を増進することを目的とする事業を行う者等との連絡調整その他の厚生労働省令で定める援助を総合的に行うことを目的とする施設とする。


※平成12年9月27日老発第654号 厚生省老人保健福祉局長通知
(在宅介護支援センター運営事業等実施要綱)
<利用対象者>
 この事業の対象者は、
おおむね65歳以上の要援護高齢者及び要援護となるおそれのある高齢者(以下「要援護高齢者等」という。)並びにその家族及び親族(以下「家族等」という。)とする。

--------------------------------
・・・・・「第2回高齢者支援センター業務説明会」のなかで触れた「どうも佐世保市は、高齢者支援センター(地域包括支援センターのブランチ)と在宅介護支援センターとがゴッチャになっている印象を受けました。」に関係してくるんですよね・・・・・・。

あとは、また次回........

PR

◆◇この記事にコメントする◇◆
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブランチの方が良いかもしれませんね。
2006/07/13(Thu)16:18:06
高岡では「在宅介護支援センターという名の居宅介護支援事業所」が特定高齢者のサービスも行うようです。
公的な相談機関と介護保険法におけるケアマネジメント機関を分ける必要性を感じていますが、
http://www1.tcnet.ne.jp/kaigoken/toyamakendokuritugatakaigosiensenmoninkixyougixyoukumiai.htm
こんなことをやったらどうなるのでしょうね。
近日中にBCCメール添付で内容をお知らせする予定にしています。
Re:ブランチの方が良いかもしれませんね。
2006/07/14 08:06
二上さん、ご無沙汰しております。
併せてコメントありがとうございます。

さて独立型居宅介護支援事業所として、ご活躍のことと存じ上げますが、現状は如何でしょう。
当方は、併設型居宅介護支援事業所ではありますが、志は公正中立と常々心掛けております。あわせて地域サービスの質の向上という観点からの働きかけも心掛けております。
意識の持ち方で、事業所形態は違えど十分な活動はできると改めて感じるところです。

>http://www1.tcnet.ne.jp/kaigoken/toyamakendokuritugatakaigosiensenmoninkixyougixyoukumiai.htm
>こんなことをやったらどうなるのでしょうね。

いろんな試み・ご活躍を長崎の地で拝見させて頂きます。
Re:ブランチの方が良いかもしれませんね。
2006/07/14(Fri)20:02:15
>さて独立型居宅介護支援事業所として、ご活躍のことと存じ上げますが、現状は如何でしょう。

行政情報を行政が先頭になって委託機関である「在宅介護支援センターという名の居宅介護支援事業所」で囲い込んで来ましたから苦戦しています。
だからこんなことを考えるのであって、もう10歳若かったら東京へ出たかも知れません。
とにかく情報だけは発信しようと思っています。
Re:Re:ブランチの方が良いかもしれませんね。
2006/07/15 13:40
地域の適正化は、行政が主でやるべきなのでしょうが、それができなければ、志あるもの動けるものがやらねばなりません。
頑張ってください。
やり方は違っても、各地でいろんなアクションが興ることを祈っています。
私も頑張ります。
無題
2006/07/20(Thu)16:48:54
話はズレますが
こち亀貼ってるんでレス付けちゃいました。
邪魔なら消して下さい。

今後とも宜しくです。
Re:無題
2006/07/20 17:57
YUHDAIっち、お久です!

>話はズレますが
>こち亀貼ってるんでレス付けちゃいました。

ふふふ・・・「その弐」なんで2巻の画像を貼り付けました。
「その壱」は1巻です(笑)

これからもコメントしてね!
よろしく!
◆◇この記事へのトラックバック◇◆
◆◇この記事にトラックバックする◇◆